トップページ > ブログ新着記事一覧 > リフォームセミナーロープレと来期に向けた協議

今月の活動

リフォームセミナーロープレと来期に向けた協議

昨日は、広島リフォームの編集長の平原氏を迎え、今月24日に開催するリフォームセミナーのロープレを行いました。

番組『劇的ビフォーアフターテレビ裏話』と銘打ったテーマ内容で、セミナーを展開していきます。

事前に画像ソフトの操作性や、会場での音量と比較しての会話の声の大きさ、セミナーで話す内容についての確認や順番など、後援という形で力を貸していただいている広建会のメンバーからさまざまなアドバイスを受けました。

会社は違えども、その枠を超えた協力体制があるのも、会の醍醐味でもあると思っています。

予定の一時間を大幅にオーバーし、倍の二時間かけて、この日のロープレは終了しました。

次に来期向けた協議に入りました。

いつもながら、真剣でアツイ討論が展開されました。

これまでのいいところはそのままに、反省点はそれを改善していく方向に修正していこうとする取り組みは、簡単なようで実は大変な事でありますが、前向きなメンバーの発言で少しずつその方向性が見えてきたように感じました。

取り組みがマンネリ化しないようにしていくには、このような会合を重ねていく事が重要だと思いました。

我々の活動には、お金の問題も絡んできます。

この時期にはそういった事についても、決算報告をしたり、予算案を組んでその内容について、メンバーで確認し合う事も行っています。

その役廻りも一年ごとに交代をしていき、メンバー全員が役を受ける事で、それぞれの立場を理解した上で、最大限に会の発展に貢献する努力をしていく。

言葉では簡単に表現できますが、それを継続していく事が重要で、難しい事でもあります。

その事を忘れないように、来期も活動していきたいと感じた会合でした。

時間にして、実に五時間にも及ぶ、熱血会合でした。

記述:吉村建設 吉村

カテゴリー: セミナー議事録   パーマリンク

ページのトップへ